« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

虹トラへの道・思い立ったら

それは、1通のメールで始まった
2015/5/27 「トライアスロンがないのでさびしいです。」
故郷天草に住む弟からだった。

私は、男3人兄弟の真ん中で、
2歳下の弟がいる。
その弟の趣味は、ジョギング。
地方で開催される小さなマラソン大会にいろいろ出てるようだ。
そんな弟が4年前に始めたアクアスロン。
アクアスロンとは、トライアスロンのバイクを除いた競技。
天草国際トライアスロン大会のアクアスロン部門に2011年大会から出場している。
初参加のその大会で、ベスト10に入って見せ、私を驚かせた。
その上、「ウエットスーツさえあれば、表彰台に上がる自信がある。」とまで言って見せた。
ならばと、私は応援の気持ちで、オーダーメイドのトライアスロン用ウエットスーツを贈った。
翌年は、大きくタイムを縮め、年々順位を上げた。
そして、昨年の第30回天草国際トライアスロン大会・アクアスロン部門で、約束の表彰台に上がった。
「もういいんじゃないの」と、体を心配する母を横目に。
「次の目標は、ヤッパ表彰台の真ん中やね。」と兄弟で盛り上がり、美酒に酔いしれた。

Img_1261

ところがだ。
今年の3月30日、衝撃の発表だ。
平成27年度大会は休止!
理由が、関心度の低下、コースの見直しやボランティアスタッフの確保などだ。
来年度の開催も怪しいような理由ではないか。

そして、冒頭のメールとなったのだ。

早速、ほかの大会を探してみる。
トライアスロンはあっても、アクアスロンとなるとなかなか見つからない。

そんな中、目に留まった大会。
虹の松原トライアスロンin唐津
この大会のリレー部門。
2人リレー、3人リレー可能とある。

大会概要をプリントアウトし
「俺がバイクを始めるから、2人で参加しよう。」
そう書いて、送ってやった。

2015/5/29 「今日、着きました!是非バイクの練習お願いします。来年はリレーに二人で出よう。」

6月21日 日曜日
早起きした私は、虹の松原トライアスロンの会場へ。
参加できそうな大会なのかを確認するためだ。
エリートの部、エイジ一般の部、リレーの部。
共にトップの選手は凄い。当然だが。
競技として頑張ってる人、楽しんでる人。
それぞれの選手が、それぞれの目標で参加している。
「これなら、大丈夫だ。」そう思った。
競技は午前中で終わった。

Img_1768

私はその日の午後には、専門店に居た。
競技用自転車を取り扱う専門店だ。
決めたからには早い。
エンジンの付いたバイクなら大型アメリカンに乗る私だが、競技用自転車となれば全く乗ったことがないド素人。
初心者だが、目標は競技に出場する。
そんな私にスタッフが進めてくれたのは、
TREKのカーボンフレーム製ロードバイク。
装備品に靴やヘルメット、ウエアーなど一式購入。
支払いを済ませると。
「バイクなら125のスクーターが新車で買えるな。」
思わず出てしまう。
「一年後目標に頑張りましょう、一緒に応援します。」
店員の笑顔に支えられる。

こうして、2016年の虹ノ松原トライアスロン(虹トラ)出場への挑戦が始まった。

・・・・・続く。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »